● 夏の発表会 

この発表会への出場は希望する方のみですが、日頃の練習を披露する良い機会となっています。出演の前の緊張感を味わい、特別なホールの空間でピアノを美しく弾くこと、そして他の出演者の演奏を聴くことは、大変勉強になり、皆さん一生懸命、取り組んでいます。

 2018年7月22日(土)

第27回ピアノ演奏会

 

 場所:横浜市栄区民文化センターリリスホール
 時間:14:00開演〜16:00
    生徒、OB、講師演奏


高木教室ーフォトアルバム

過去の発表会の写真をアップしてます。
 (*関係者用ーパスワード要)


[2017.7.8プログラム][2016.7.17プログラム]

[2015.7.20プログラム][2014.7.20プログラム]

[2013.7.21プログラム][2012.7.21プログラム]

[2011.7.18プログラム][2010.7.19プログラム]

▲ ページトップへ

● スズキメソードの行事のご案内(関東、湘南地区ピアノ科)

上記のコンサートの他、スズキ・メソード会員の方は、毎年12月までに卒業テープを提出し、課程を終えると、3月の卒業式、卒業演奏会に出演できます。その他、毎年夏に松本で行われる夏期学校、各コンサートや行事、又、希望の方は世界大会にも参加できます。 

2016 年:主な行事予定


 * 2016年3月26日(土)
   第46回 関東・北海道・東北 ピアノ科卒業式
   会場:渋谷区文化総合センター大和田さくらホール

 * 2016年3月30日(水)
   湘南ブロック第41回卒業演奏会
   会場:鎌倉芸術館 小ホール

 * 2016年4月16日(土)
   スズキチルドレン ピアノコンサート
   会場:横浜みなとみらい 小ホール


 全国のスズキ・メソード行事については、こちらをご覧ください。

2010年度、関東地区ピアノ科卒業式にて、最終課程を終えた高木教室のMさん(高2)が代表答辞を立派にスピーチしてくれましたので、下記に紹介させて頂きます。

私は姉の影響で六歳の時にスズキメソードにはいりました。
スズキメソードでは、楽しかったこと、悔しかったこと、辛かったこと、様々な経験を通して成長させて頂きました。
一番私を成長させたものは、卒業テープの録音でした。「卒業」という目標がある中でピアノの前に向かう私の姿勢はいつもの私とは違うものがありました。何回もお手本のCDを聴き、先生が注意してくださったことを思い出しながら練習に励みました。
特に私の場合は目標があると普段の練習に比べ、何倍もの熱がはいります。テープを録音する期間がピアノに対しての意識が一番高まり、また、技術面でも上達することができました。その中で先生が私にくださった、「上手になったわね」「頑張ったわね」というお言葉はとても嬉しいものでした。このような先生の優しい、丁寧なご指導があったからこそ私は今日までピアノを続けることができたのだと思います。
また、発表会では毎回多くの刺激を受けました。上手な人の演奏を聴くと、「私も頑張ろう」という気持ちを持つことができました。ある時は発表会で他の生徒さんが弾いた曲を好きになり、次に自分が弾く曲にしたこともありました。このようにスズキメソードの発表会は、自らの気持ちを新たにしてくれる出発点となることもありました。
十年間の中で私はピアノがなかなか上達しないことに悩んでいた時期がありました。その時私は、とにかくピアノを長い時間弾いてみようと思いました。そうすると、自分が上手くなっていることを実感するようになり、ピアノを弾くことが楽しいと感じるようになりました。そして、私はピアノが好きになりました。
しかし、そのような気持ちになれたのは自分の力だけではありません。
私がこのようにピアノを弾ける環境をつくってくれた両親や、ご指導下さった先生方のおかげです。このような環境の中で十年間もピアノを続けることができた私は、本当に幸せです。今日で、私は卒業というかたちになりますが、しかしこれからがスタートだと思っています。これまでスズキメソードで学んだ経験を生かして、自分らしいピアノを弾けるようになりたいと思います。そして、いつか誰かを感動させることができるようなピアニストに成長していきたいと思います。
                        平成21年3月31日  Mさん


▲ ページトップへ